新着情報・お知らせ


 

プレミアム会員募集受付開始のお知らせ。

 

協会&クラブメンバーの不動産スキルの向上と

物権取得を強力にサポートする為に特別会員の

プレミアム会員の募集受付を開始しました‼️

 

プレミアム会員の狙い

 

少人数制のプレミア塾を定期的に開催しメンバーの

不動産投資スキルと 情報収集力の向上を図る。

また物件取得の為の支援を行い失敗しない賃貸経営を推進する。

 

 

入会対象者

不動産投資初心者

 

募集期間

2017年 11月17日より12月1日

 

本活動期間

2017年12月2日から2018年5月30日の6ヶ月間

 

フォロー期間

2018年6月から3ヶ月間(メール、Skype相談) 

 

募集人数

少人数 MAX 10名)

 

 

 

申し込み受付は下記サイトまで

 

 

  プレミアム会員

 

 

 

塗装工事業者の紹介をします。

建物の塗装はお金を使うのではありません。

 

建物に手を入れる事によって価値を上げる事が出来ます。

 

 

私からの紹介であれば今回は皆さんにも業者価格で

 

やってもらう事が可能です。

 

対象範囲は関東圏であればどこでも可能です。

 

もし見積り依頼を希望される方はこちらの画面に

 

必要事項を入力して送信をお願いします。

 

              ↓

 

塗装工事ページ



投資推奨サイト



物件調査の推奨サイト


開催イベント

無料メルマガ

下の窓にメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。

コンサル大家の有益な不動産投資情報をまぐまぐから定期的に配信します。

メルマガ購読・解除
 

築古不動産再生協会セミナー

江東区ゲストハウス見学セミナーのお知らせ。

 

K氏夫妻が江東区住吉に簡易宿所の認可を得て、

K氏夫妻に見学セミナーを開催しました。

 

3月25日(土)にパシフィコ横浜でサンワールド様のセミナーにて講演させて頂きました。

築古不動産再生取材

G氏の東京三鷹市のシェアハウスを取材させてもらいました!
築古不動産再生クラブ主催のセミナーにも来てくれた事のあるD氏。

築古50年の戸建てを手に入れて、
デザイナーシェアハウスを製作されました。

基本構想はG氏で施工業者と蜜に相談しながら作りあげて
行ったらしいです。
そのデザインと構想力は中々のものですね〜!

部屋数15部屋もあり、
立地も三鷹駅から10分少々で良いですね。
キャッシュフローもかなりな額になるようです。

去年の秋にG氏よりリノベ相談があり、
ごく簡単なアドバイスをさせて頂きましたが、
これほど洒落た物件になるとは思いませんでした!!

春の築古不動産再生第二弾セミナー

4月30日(土)

中薫道が【築古不動産再生セミナー】を

埼玉で開催いたしました!!


オリジナルツール・教材

投資物件の収支計算を徹底的にやろう

教材でスキルアップしよう


スキルアップ不動産は投資の必要スキルを分析し、

順次解説をして行きます。

必要なスキルがプロセス毎に自分に備わっているかどうかチェックしよう!


私が再生した築古不動産達。

今も立派に社会の役に立ってくれている。


★3ヶ月で満室にした利回り24%アパート

去年の9月に購入した下のアパートは10部屋中9部屋が空室だった。

それをリフォームして賃料を5千円上げて入居者を募集し、3ヶ月で満室達成。

AFTER

BEFORE


★2ヶ月で満室にした利回り20%のアパート

8部屋中、5部屋空き。

賃料平均6000円アップし、2ヶ月で満室達成、駐車場3台も満車達成で利回り20%。

 

AFTER

BEFORE


⭐️ 茨城に公売で激安戸建を取得して、再生して、個人年金に!!

築30年、戸建

築30年なんてまだまだこれからだ。


主催者 中薫道のプロフィール

中 薫道(くんどう)

 

<投資家実績>

築古不動産投資歴23年。

一軒家8棟、アパート4棟、マンション5部屋の再生を手掛ける。

 一昨年と去年は全空に近かった郊外バス便の築古アパート2棟を3ヶ月で満室達成。

 

 

 

日本の不動産流通の問題点は、中古市場の不健全さだ。

例えば、米国では、中古流通量が80%、新築流通量が20%である。

日本はまさしくこの逆、新築が80%、中古が20%である。
これが日本の常識。
これはどう考えてもおかしい。
常識は疑ってみる必要がある。
日本の不動産市場の常識は、世界的に見れば、非常識である事を。
この今の日本、少子化でデフレで右肩下がりの不動産市場でどうして実績を上げる事ができるのか。
それは日本の不動産市場の非常識をチャンスにする必要がある。
その事をこれからも皆さん読者になってくれた方々にお伝えしたいと思います。